どれがおすすめ?失敗しないミニセグウェイの選び方

去年くらいからメディアで話題になったミニセグウェイ。バランススクーターとも呼ばれていて、ジャスティンビーバーや、サッカー選手の香川真司、嵐の大野智くんといった芸能人も愛用者が多いから知っている人も多いんじゃないでしょうか?


俺自身も香川選手が乗っているのを見てから、ミニセグウェイが欲しくて…。なんとかして妻に購入許可をもらうためにいろいろ調べてプレゼンしてみたわけですよ。


まあ結局、妻の好きな芸能人が乗ってたってだけであっさり購入許可が出たんだけど(笑)


ってわけで、念願のミニセグウェイを購入するに至ったわけですが、実はミニセグウェイって種類がたくさんあるんだよね。俺もお気に入りのひとつをゲットできたけれど、ミニセグウェイは選び方がめちゃくちゃ重要だってことがわかったんです。


せっかくミニセグウェイを購入するなら失敗したくない。ということで、ミニセグウェイについて調査した俺がおすすめする、ミニセグウェイを紹介しておきます!


俺がミニセグウェイを購入したときは、いろいろと調査した結果をもとに、次の4つのポイントを満たしているものを選ぶようにしました。


1.ミニセグウェイの正規品を選ぶ

2.PSEマークがついたミニセグウェイを選ぶ

3.保証があるミニセグウェイを選ぶ

4.中古のミニセグウェイは×

この4つはミニセグウェイを選ぶ上でぜひ注目しておきたいポイントだね。


選び方のポイントについて一つずつ詳細を紹介していくんで、俺みたいに「ミニセグウェイの購入を検討してる!」って人もよかったら参考にしてみてくださいな!


ポイント1:偽物に注意!ミニセグウェイは類似品ではなく正規品を選ぶ

ミニセグウェイを買おうと思ったとき、やっぱり一番気になるのは金額ですよね。


ネット通販とかで調べたことある人はわかるかもしれないんだけど、ミニセグウェイって商品によって金額に大きく差があったり、同じものでも金額が違ったりするんです。


ここで注意してほしいのが、購入するミニセグウェイが『正規品かどうか』ということ。嘘みたいな話だけど、実は今、ミニセグウェイの類似品がたくさん市場に出回っているんです。いわゆる偽物ってやつね。


ミニセグウェイって、正直俺みたいに肩身の狭い立場だと、金額の高いやつにはなかなか手が出せないもの。そうなると少しでも安いやつを買いたくなっちゃうんだけど、偽物の可能性が高いからおすすめしません。


一見「偽物でも安くて同じスペックならいいじゃん!」とも思うんだけど、過去には類似品のミニセグウェイによる発火事故が起きた事例も。ミニセグウェイが爆発して黒コゲなんて話もあるんだよね。


そんな話を聞くとどちらが良いかは一目瞭然。怪我したくないなら、ミニセグウェイは金額で選ぶのではなく、きちんとした正規品を選ぶようにしましょう!


ちなみに、正規品のミニセグウェイを格安で買う方法ってのが実はあります。 細かい説明は、正規品のミニセグウェイを格安な値段で購入する方法のとこで解説してるので、興味あれば読んでみて。



ポイント2:ミニセグウェイの品質を見極めるならPSEマークがおすすめ

安心できるミニセグウェイを見極めるためにぜひ注目してほしいのが『PSEマーク』。これは正規品であるかどうかを見極めるポイントでもあります。


PSEマークとは?
国の品質基準に適合した電気製品につけるマークのこと。
法律を守って製造もしくは輸入された電気製品に表示することができます。

結局PSEマークとはなんぞや?って話なんだけど、品質が認められたものだけが表示できるマークのこと。つまり、PSEマークがついているミニセグウェイは品質が高くて安心できるものだと思って良いでしょう。
PSEマークは、ミニセグウェイの中でも主にバッテリーの品質基準を満たしているものに表示されています。だからPSEマークのついていないミニセグウェイは発火や爆発の危険があるというわけなんだよね。
PSEマークが表示されていないものは類似品や偽物だと思っておきましょう。
加えて発火しないようにするための『過充電防止機能』があるものは安心だといえるからこれもポイントね!



ポイント3:おすすめのミニセグウェイは保証が付いているもの

俺も乗ってみて初めてわかったんだけど、ミニセグウェイに乗るのってまじで難易度高い!特に最初はいろんなところにぶつけるし、これだけぶつけてたら壊れても仕方ないなって思うよほんと(笑)
それで思ったんだけど、やっぱりミニセグウェイは保証がついているものを選ぶのが良いです。
ミニセグウェイって決して安いもんじゃないから、壊れたときに修理できなかったらめちゃくちゃショックじゃん。

俺のやつは半年無料サポートが付いてるから、安心して思いっきり乗ることができてるよ。メーカーによって差はあるけど、ミニセグウェイを買うときは国内保証がきちんと付いているかしっかりとチェックしておくことが大切です。



ポイント4:ミニセグウェイの中古はおすすめしない

ミニセグウェイを安く買いたいとき、中古での購入を検討する人もいますよね。確かにタイミングによっては稀に激安で購入することもできてお得なんだけど、ミニセグウェイは中古で買うべきではないです。
まず中古の場合、類似品である可能性が高いから。激安で売られているミニセグウェイなんて、いつ爆発するかわからなくて怖いよね。正規品とうたわれていても本当かどうかなんてわからないし、万が一改造されてたりすると思わぬケガをする恐れもあります。

あとは中古の場合、保証がありません。せっかく買ったけど壊れてて動かなかったなんてときに修理に出せないのも中古のデメリット。保証が効かないから届いたときに壊れていてもどうしようもできません。

実際、俺が買ったKINTONEを例に出してみると、人気なこともあって中古と新品じゃさほど金額が変わらないんだよね。
金額が変わらないんだったら、きちんとした正規品の新品を買った方がトラブルもなく、安心できて断然良いって思うのは当たり前じゃない?
中古について調べてみるのは良いと思うけど、自分の身を守るためにも買うなら絶対新品がおすすめ!



おすすめのミニセグウェイはこれ!

選び方のポイントについても説明したことだし、早速おすすめのミニセグウェイを紹介していきます!ミニセグウェイは基本的に通販での購入になるから、きちんと選んでから購入することが大切。
俺は今から紹介するキントーンのミニセグウェイで即決だったんだけど、買う前に調べたミニセグウェイの中で他におすすめできるやつもいくつか紹介してみたいと思います。

ぜひミニセグウェイ選びの参考にしてみてほしいな。



ランキング独占!ミニセグウェイ初心者にもおすすめのKINTONE(キントーン)




  • 本体    48,900円(税込 送料無料)
  • カラー   全4色(ホワイト、ブルー、レッド、オレンジ)
  • 保証品質  PSE認証、6ヶ月のメーカー保証、品質検査済(過充電防止装置検査結果をHPに掲載)
  • 充電時間  2〜3時間
  • 走行距離  最大20km
  • 最高速度  時速10km
  • 対象    16歳以上
  • 重量制限  20〜100kg


 


ミニセグウェイの中でも一番おすすめなのが俺も購入したキントーン!実は楽天ランキングで1位になったこともある超人気の商品。 最近だとananで話題になったあの高橋一生が欲しいって言ってるんだとか。女性人気も高まりつつあるミニセグウェイです。

人気なのはもちろんなんだけど、特に俺がおすすめしたいポイントを紹介していきます。


初心者にもおすすめの乗りやすさ

ミニセグウェイを買おうと思ってる人って、初めて乗る人が多いと思うんだけど、キントーンはそんな初心者でも乗りやすいミニセグウェイです。 俺はミニセグウェイを香川選手みたいにかっこよく乗りこなすことが目的だったから、乗るのが困難なやつは最初から却下。
実はキントーンの『5分で乗りこなせる』ってキャッチコピーに惹かれたんだよね。運動神経がそんなに良くない俺でも簡単に乗ることができたし、初心者でも簡単に乗れるミニセグウェイだと思います。



安心できる手厚い保証

俺がキントーンで気に入ったのはその保証内容。半年以内だったら無料で修理保証がついてくるから、思いっきり乗ることができます。 買ってから慣れるまでの練習が一番壊しやすい期間だから、半年も保証期間があるのは嬉しいポイント。キントーンには故障が発生すると警告音が出たり、赤いランプが点灯したりといった機能があるので、故障があってもわかりやすいよね。
加えて過充電防止装置が付いてるから、発火や爆発の心配がないミニセグウェイです。

リーズナブルなのに高品質で乗りやすいキントーン。16歳以上が対象なので子どもが乗れないのは少し残念なところですが、大人が遊ぶにはもってこいのミニセグウェイです。
USBで繋げばスマホの充電ができるなんて遊び心もキントーンならではだね。

俺はAmazonの会員だったから、Amazon Payで特別な登録とかもせずに簡単にすぐに買えちゃいました。欲しいときにすぐ買えるってのも重要だよね。



品質の高いミニセグウェイならCHIC-Smart




  • 本体    49,800円(税込 送料無料)
  • カラー   全4色(ホワイト、ブルー、レッド、ブラック)
  • 保証品質  PSE認証、IP34認証(防水)、UN38.3認証(電池性能テスト)、UL認証
  • 充電時間  2〜3時間
  • 走行距離  15〜20km
  • 最高速度  時速10km
  • 対象    記載なし
  • 重量制限  20〜100kg


 


ジャスティンビーバーが愛用しているミニセグウェイがこのCHIC-Smart。あらゆる認証やテストに合格している実績があるので品質の高さは抜群。 保証も2年と長いので長期にわたって安心して乗れるミニセグウェイです。
CHIC-Smartを購入すると、なんとチック専用ハンドルがついてくるんだとか。ミニセグウェイに慣れてない人とかミニセグウェイでセグウェイ気分を味わいたい人にはおすすめだと思います。

高品質だけど、対象は何歳までか、バッテリー寿命はどれくらいかといった情報が不明なのが少し気になるところ。またCHIC-Smartは偽物がとても多いです。購入するときは正規品を見極めて購入する必要があります。



デザイン重視ならV-BOARD




  • 本体    33,000~98,000円(税込)
  • カラー   スタンダードモデル全6色(レッド、ゴールド、ピンク、ホワイト、ブラック、ブルー)
  •       ※モデルにより異なる
  • 保証品質  PSE認証
  • 充電時間  3時間
  • 走行距離  15〜20km
  • 最高速度  時速10km
  • 対象    記載なし
  • 重量制限  20〜100kg

 


嵐の大野くんを筆頭に芸能人でも愛用者が多いのがV-BOARD。テレビでもよく取り上げられています。 デザイン性が高くおしゃれなミニセグウェイです。

最新モデルはなんとbluetooth搭載でミニセグウェイから音楽が流れるんだとか。金額は高くなるけど、ダンスとか催し物で披露するならおすすめのミニセグウェイじゃないかなと思います。

モデルも数種類あって金額も幅広いので正規品を探しにくいのが気になるところかな。お気に入りのものを見つけたら正規品を探して購入するようにしたいですね。



番外編:スケボータイプの電動一輪車!キントーン ライディングホイール




  • 本体    59,800円(税込)
  • カラー   全3色(ホワイト、ブルー、ブラック)
  • 保証品質  PSE認証
  • 充電時間  1時間
  • 走行距離  16km
  • 最高速度  時速16km
  • 対象    16歳以上
  • 重量制限  20〜100kg

 


俺が購入したのはキントーンのミニセグウェイだったんだけど、そんなキントーンに面白い商品があったからそれもついでにご紹介。 実はこれ電動一輪車になっているスケボータイプのミニセグウェイなんです。
普通のミニセグウェイじゃ物足りない!って人にぜひおすすめしたいと思います。

一輪だけどミニセグウェイと一緒で安定性が高いタイヤを採用してるから、慣れれば乗り心地は良さそう。bluetoothスピーカー内臓なので音楽を聴きながら走りを楽しむことができます。



ミニセグウェイの乗り方のコツは?

ミニセグウェイはセグウェイと違い、ハンドルがありません。自分の重心を移動させることによって前後に進むことができ、曲がりたい方向に重心を傾ければ旋回することができます。 難しく思えますが原則は”行きたい方向に体を傾ける”ということです。

いきなりミニセグウェイを乗りこなすのは難易度が高いです。とはいえ、せっかくミニセグウェイを購入するなら早く乗りこなしたいですよね。

実際に俺も乗ってみてわかったんですが、ミニセグウェイを乗りこなすには乗り方にコツが必要です。
俺がミニセグウェイに簡単に乗れるようになったコツを紹介しましょう。

足を水平にした状態でミニセグウェイに乗る
最初に立ちはだかるのがミニセグウェイに乗ること。俺も実は、ミニセグウェイの上に乗って立つまでが一番苦労しました。

乗るときは足の裏をミニセグウェイに水平に乗せるのがコツです。というのも重心が前、後ろどちらかにかかった状態になってしまうとミニセグウェイが動いてしまい、そのまま転倒しちゃうから。
足を水平にして真上から乗ることを意識するのがおすすめの乗り方ですね。降り方も同様に水平に足をおろすと転ばずにうまく降りられます。

最初は誰かに支えてもらったり、壁につかまって乗り降りの練習をするとスムーズです。

ミニセグウェイに乗るときは背筋を伸ばす
ミニセグウェイに初めて乗るときって恐怖心で体が丸くなっちゃうんだよね。目線もどうしても足元を見ちゃうので自然と姿勢が悪くなってしまいます。

しかしミニセグウェイを乗りこなすためには背筋を伸ばすのがコツ。視線も進行方向の遠くを見るようにすると、体全体のバランスが安定します。
ただ小石とかにぶつかるとそのまま転んじゃうこともあるので、適度に障害物を意識しながら乗るのが大切です。


俺が意識したのはたったこれだけ。乗り降りの練習と、姿勢を意識するだけで簡単に乗りこなせるようになりました。

注意点としては、下り坂や段差があるところでは練習しない方がいいと思います。時速10kmだからとブレーキの調整もできないまま下り坂なんかに行っちゃったらスピードが出すぎて転倒!大ケガ!なんてこともあるのでおすすめしません。
ミニセグウェイは段差も得意ではないのですぐに転んでしまいます。

あと気を付けたいのが雨上がり後の濡れた路面。滑りやすくて転倒の恐れもあるし、ミニセグウェイに水が入り込んじゃう可能性もあるのでできれば控えておいた方が良いでしょう。

ミニセグウェイは練習すれば簡単に乗ることができます。コツをつかんで乗りこなせるようになるとめちゃくちゃ気持ちいいですよ!



俺が参考にしたおすすめの動画はこれ!

とはいってもなかなかイメージがしづらいと思うんで、俺がミニセグウェイに乗るために参考にした動画を紹介!




おすすめの動画はこれかな。ミニセグウェイがどういうものかの説明もあってわかりやすいと思います。 この動画見たらミニセグウェイ欲しくなっちゃうと思うな(笑)



知っておきたい!おすすめミニセグウェイ情報

おすすめのミニセグウェイと乗り方について紹介したけど、乗りこなせるようになると本当に楽しいんだよね! いまミニセグウェイを購入するか検討中の人にも、ぜひ買って乗りこなせるようになってほしい。

おすすめの情報なんかも加えながら、ミニセグウェイについてもう少し紹介していこうと思います。



ミニセグウェイの充電方法は?充電器はどこで買うのがおすすめ?

ミニセグウェイは基本的に充電式。メーカーにもよるけど、2〜3時間ほど充電すれば20kmくらいは充電なしで走れる優れものです。
充電の方法もいたって簡単で、俺の買ったキントーンだと本体に付属でついてきた充電機器を、電源ボタン横の充電用コネクタに接続するだけ。家庭用のコンセントからの供給で十分に充電できます。
キントーンには過充電防止機能がついてるから、充電によって発火や爆発する心配もなし。

万が一充電ができなくなり、充電器の部品交換がしたいといった場合は、メーカーに問い合わせて正規品の充電器を購入するのがおすすめ。通販サイトで充電器だけで売っていることもありますが、偽物などによる発火の可能性を考えたら、正規のものを注文するようにしましょう。

トラブルを防ぐためにも別のメーカーの充電器ではなく、必ずそのミニセグウェイ専用の充電器を使ってください。



ミニセグウェイは快適に感じられる速度がおすすめ

ミニセグウェイは慣れてくるといろいろな乗り方を試したくなるもの。俺もなんとかしてスピードを上げれないかとやってみたこともあるけど、自分の身を守ることを考えると快適に感じられる速度で乗るのがおすすめです。
ミニセグウェイの最高速度は公式だとおよそ時速10km。人の歩くスピードが時速4km程度だと考えると十分に速いことがわかります。
下り坂などスピードが出すぎるところは避けて、快適に感じられる速度でケガなくミニセグウェイを楽しむようにしましょう。



ミニセグウェイは公道で走っちゃダメ?

ミニセグウェイでの移動はとても快適ですが、実は現在公道で走ることは禁止されています。誤って公道で乗ってしまうと道路交通法違反にもなりかねませんので、絶対走らないように!
じゃあどこで乗れるの?って話なんですが…。
ミニセグウェイに乗るのにおすすめの場所や実際に走ることができる公園を『ミニセグウェイが乗れるおすすめの場所情報』として、ミニセグウェイで公道を走りたい!2017年最新版情報!のページでまとめてみたので、よかったら参考にしてみてくださいな。



ミニセグウェイを試したい人におすすめのレンタルとは

買おうか迷ってる人にぜひおすすめしたいのがミニセグウェイのレンタル。俺の買ったキントーンは残念ながらレンタルをやっていないみたいなんだけど、さっきおすすめのミニセグウェイで紹介した『V-BOARD』はなんとレンタル可能なんです! 型番や色の指定がなければ1日3,500円でレンタルできるのでお試しするには十分かな。

とはいえ、ミニセグウェイに乗れるようになるまで少し時間がかかるので、本格的に乗りたいと思うのであれば断然購入するのをおすすめします。
ちなみに型番・色の指定ありだと1日12,500円。それなら買っちゃったほうが俺はお得な気がしますが…。



おすすめのミニセグウェイを乗りこなす!お役立ちQ&A

ミニセグウェイに関するお役立ち情報をまとめました!困ったときや迷ったときの参考にしてみてください。


ミニセグウェイが動かない…自分で分解してもいい?

ミニセグウェイは絶対に分解しちゃダメ!自分で分解や改造をすると発火や爆発の可能性もあるので危険です。 万が一、ミニセグウェイが動かなくなったら次の事項を確認してみてください。

1.充電が切れてしまっていないかどうか?
ミニセグウェイは充電式なので、当たり前ですが充電がなくなると動かなくなります。もし充電していたのに動かない、すぐに充電が切れてしまうといった場合はバッテリーの異常や寿命が原因のこともあるので修理に出しましょう。

2.水平検知機能が作動していないかどうか?
ミニセグウェイの種類によっては、傾けた状態で保存していたことによって水平検知機能が異常を検知し、動かなくなることがあるようです。メーカーによって対処法が違いますので、説明書を読んで解除してあげるようにしましょう。

上記の原因以外にもミニセグウェイが動かなくなったり、故障したなと思ったら正規販売店やメーカーなどちゃんとしたところで見てもらいましょう。保証期間内であれば無償で修理してもらえることもあるし、その方が安心だよね。
故障以外でも、海外では自分でミニセグウェイを改造するのが流行ってるらしいんだけど、分解するのは絶対NG。
分解や改造をしたことによって保証が効かず修理してもらえないこともあるので注意が必要です。



ミニセグウェイって通販のみ?店舗では買えないの?

ミニセグウェイは現在ネット通販のみでの購入となっています。店舗で売られているところはないため、通販サイトで購入しなければいけません。 おすすめは公式通販サイトで購入する方法。Amazonや楽天などでもミニセグウェイが売られてはいますが、正規品でないものもあるので注意が必要です。

稀に中古を取り扱う店舗で販売されていることもあるようですが、正規品でないほか改造されているなど危険が伴うこともあるので購入はおすすめできませんね。



ミニセグウェイで坂は上ることができる?

ミニセグウェイは15度くらいの傾斜であれば上り坂でも走ることができます。ただし下り坂はスピードが出すぎてしまうので注意が必要です。 下り坂で止まることができないと転倒しケガをする恐れもあるので気を付けましょう。



ミニセグウェイってどれくらいの段差を乗り越えられるの?

俺が購入したキントーンですと、モーターもパワフルでタイヤも柔らかいので、およそ2.3センチほどの段差であれば乗り越えることができます。 とはいえ、段差を越えるとミニセグウェイが傷つくのでおすすめしません。転んで頭を打つ危険性もあるので、無茶な乗り方はやめておきましょう。



買う前にミニセグウェイを体験してみたいんだけど…

購入する前に体験してみたいのであれば、ラウンドワンのスポッチャでミニセグウェイを体験できる店舗があるみたいです。 ラウンドワンで導入されているのはCHIC-Smart。20分間と短時間ではありますが、手頃な金額でミニセグウェイに乗れるので体験してみたい人にはおすすめです。

ヘルメットや肘・膝あての貸出もしてくれるみたいなんで、練習にも良いかもしれませんね。



一回の充電でどのくらいの稼働時間があるの?

ミニセグウェイの種類によっても差はありますが、俺が買ったキントーンであれば3時間フル充電すれば走行時間2時間くらいは走ることができます。走行距離にして20kmくらいなんで、公園で遊ぶなら十分な稼働時間といえるでしょう。


それぞれの楽しみ方でおすすめのミニセグウェイを乗りこなそう

購入までに時間がかかったミニセグウェイだけど、妻にプレゼンしてでも買って本当に良かったって思ってます(笑)それくらい楽しいし、乗りこなせると本当に気持ちいい!
きちんと保証のついている正規品で、安心できるものを選んだからこそ楽しく乗りこなせています。ミニセグウェイは金額じゃなくて、正しい選び方をすることが大切だなと改めて思いました。
無茶をしないで楽しめる程度の乗り方をすることもね(笑)

あとは練習あるのみ!乗りこなせたら最高に楽しいです!
俺も買って大満足なミニセグウェイ。迷っているならぜひおすすめした情報を参考に、試してみてくださいな。

最後に俺がミニセグウェイをもっと乗りこなせるようになったら挑戦したい技をご紹介!





このミニセグウェイを使ったダンスのPVはまじでイケてます。俺もこんな技ができるようになりたい!