ミニセグウェイの乗り方徹底講座!購入者が教えます!

「ミニセグウェイは手を使わないから難しそう…」とか「いやいや簡単でしょ」などいろいろな考えがあると思いますが…

ミニセグウェイを一番最初に見た俺の感想



初めてミニセグウェイに乗った俺の感想


これぶっちゃけた感想です(笑)
「ミニセグウェイの乗り方、簡単だよ〜」なんて紹介しているサイトもあるんですが、正直言って最初は乗り方のコツをつかむまでかなり難しいです。

ただ乗りこなせるようになったらまじで楽しい!「乗れるようになるにはどうするか」から「スピード出してかっこよく乗るにはどうするか」に思考が変わります(笑)

乗りこなせるようになったら、まじでドヤ顔で走れるからね。

ミニセグウェイを買っても乗れなきゃ意味がない!ってなわけで、ミニセグウェイの難易度を実際にキントーンを購入した俺が、乗り方も合わせて紹介していきます。

動画見てわかる!ミニセグウェイは乗り方も降り方もコツがいる


ミニセグウェイに乗ってる姿をイメージしろって言われてもなかなか難しいと思うから、俺が初めてキントーンに乗ったときの様子をご覧ください(笑)



このミニセグウェイ動画を見たら、なんとなくイメージ湧きますよね…
一言でいうと怖い!!!
これでも俺かなり頑張った方よ!?(笑)

ミニセグウェイはハンドルがないから手が使えないわけで…バランスが取れなくて乗った瞬間転びそうになります。

動画でもまじでフラフラ。というか降りるときに左足にミニセグウェイが激突しました(笑)

ちなみに俺以外に、俺の嫁と友達5人にも乗ってもらったんだけど、5分以内ですんなり乗れた人は5人中2人。

※ちなみに1人は30分かけても乗れませんでした(笑)

それくらい最初の難易度は高いんだよね。

かっこつけていきなり公園で実践した俺が言うのもなんだけど、最初は絶対壁とか人につかまって乗るべき!
いきなりフリーハンドで乗ると、後ろにすっ転びそうになります。
ケガする危険性もあるから、まずはミニセグウェイに慣れることが大事!

実際にキントーンを購入した俺が思うに、ミニセグウェイの乗り方は最初が肝心!

最初に変な乗り方を覚えちゃうとそのクセが抜けず、逆に乗れるまでに時間がかかっちゃいます。

とはいっても「正しい乗り方がどういうのかわからない」っていうのがホントのところ。

ミニセグウェイは正直乗りこなせるようになるまではつまらないので、早く乗りこなせるようになるのが楽しむコツ。

そこで俺なりに、ミニセグウェイに早く乗れるようになる乗り方のコツをまとめました!

世界一わかりやすいミニセグウェイの乗り方徹底講座開設でーす!

ミニセグウェイの乗り方で正しいのはどれ?人気の動画で試してみた


ミニセグウェイにはどれも、ちゃんとマニュアルがついているんですが、乗り方について詳しく書いてるページがないんですよね。

KINTONEの公式マニュアル

起動から乗り方、降り方まで書いてあるんだけど、正直文章だけじゃイメージわかない。。。汗

チックスマートの公式マニュアル

ミニセグウェイに乗っている状態での操作方法と、重心移動のコツがなんとなく書いてある。。。

うーん、まったくわからない…。

マニュアルを見ながら乗り方を研究しましたが、正直これを見ながら乗りこなせるようになるのは至難の業!

というわけでミニセグウェイの乗り方を解説してる動画にヒントがあると思い、とりあえず人気の動画をチェックしてみました!



ミニセグウェイの乗り方を説明しているこちらの動画も参考にしながらポイントを洗い出してみたいと思います。

このミニセグウェイの乗り方の動画は、かなりわかりやすいので、最初に乗る前に一度見てみるのがおすすめです。

ミニセグウェイに早く乗れるようになるためのコツ


ミニセグウェイの乗り方のコツを皆が悩みやすいポイントからまとめてみました!

購入前で乗れるかどうか不安だと感じる人、ミニセグウェイをなかなか乗りこなせない人もぜひチェックしてみてください!



ミニセグウェイでは移動する以前にまずミニセグウェイの上に乗るのが最初にぶち当たる難関ポイントです。

ミニセグウェイはぶっちゃけ乗って立つまでが一番苦労します。

恐らくこれは誰もが悩むポイントじゃないかなと。

俺が悩んだポイントとしては、ミニセグウェイが暴れるからまず片足を乗せられないこと。

ミニセグウェイに一番最初に足をかけるとき、思った以上にミニセグウェイが暴れるのでかなりびっくりすると思います。

片足乗せると暴れるから一気に両足で飛び乗ってやろうかと思ったくらい(笑)
※危険なので絶対やめましょうね!



解決法としては、かかとを下げてそっと足をかけること!

ミニセグウェイは体重で移動する乗り物なので、片足に体重がかかってしまうとそれだけで動いてしまいます。

ミニセグウェイに乗るときって自然とつま先に体重がかかってしまうみたいなんですが、つま先に重心がくるとミニセグウェイが思わぬ方向に行ってしまいます。

かかと重心を意識して乗ると前のめりになることもなくて、すんなり足をかけられますよ。

まずは『乗る』じゃなくて『足をかける』ことを意識すると良いかもしれない!
俺的ミニセグウェイの乗り方ポイント

ミニセグウェイのなるべく外側に足を置くのがコツ!真ん中に寄りすぎると重心がずれて思わぬ方向にキントーンが動いちゃうから注意!
この時、誰かに支えてもらったり、壁につかまって乗るようにすること!
初めから手ぶらで乗ると転んでしまう恐れもあるので注意です!



ミニセグウェイは重心によって動いてしまうので、どちらかの足に重さがかかってしまうとバランスを崩してしまいます。

真ん中に重心をおくために、片足を乗せたらもう片方の足をすばやく乗せるのが安定させるコツです!

ミニセグウェイは乗り降りができたら70%は乗れたといっても過言ではないので、まずは乗り降りだけで練習すると良いですね。



ミニセグウェイに乗れてもフラフラして姿勢を保てないという人は多いです。

実際俺もミニセグウェイの上でバランスが取れず、何回も転びそうになりました。



ミニセグウェイの上ではヒザを曲げずに体を真っ直ぐ伸ばすのがポイント。

よく恐怖心からヒザが曲がってしまったり、腰が引けたりしてしまう人がいるんですが、それによって重心が定まらず、ミニセグウェイが安定しないということは多いです。
俺的ミニセグウェイの乗り方ポイント
ミニセグウェイに乗るときは、恐怖心を捨てて思いっきり乗ってしまうというのも、実はうまく乗れるポイントになります。



降りるときも同様に、重心がずれてしまうとミニセグウェイが前に転がっていってしまいます。

俺自身も「乗れたはいいけど、これどうやって降りたらいいの!?」って感じになりました(笑)



降りるときはモタモタするとミニセグウェイが回転したり、前に飛んでいってしまってケガをする恐れもあるので、思いきって素早く足を下ろしてしまうと良いです。

ミニセグウェイの前に飛び降りる方法もアリっちゃアリですが、後ろにミニセグウェイが飛んでいって周りの人に当たっちゃうこともあるので、基本的には手前に降りるようにしましょう。

俺的ミニセグウェイの降り方ポイント
ミニセグウェイから降りる時、思いきって降りるとバランスを崩して足をミニセグウェイにぶつけるようなことはないです。

ミニセグウェイの乗り方をマスターした結果


俺が実際にキントーンの乗り方を研究して、注意すべきだと感じたポイントをまとめてみました。

重要なのはどれくらいで乗れるようになるのよ?ってこと。

実際に俺が初乗りから10分ほど練習したときの動画があるので、良かったら参考にしてみてね。



慣れたらすんなり乗れるようになりました!

前進、後進、回転ができるようになればこっちのもんだね。

ミニセグウェイの上で立ったりしゃがんだりも楽勝!かなり周りの視線を集めてました(笑)

ただやっぱり俺は乗り降りが苦手みたい。
自分の苦手なところを重点的に練習するのがミニセグウェイに早く慣れるコツですね!

ミニセグウェイの乗り方が簡単なのは安定感あるキントーン


ミニセグウェイの乗り方を、皆が悩みやすいポイントを抜粋してご紹介しました。

散々、難しい難しいって言ってきたけど、人によってはすぐ乗れる人もいるから、そんなに怖がらなくても大丈夫です。
※なんなら俺の嫁は1〜2回乗り降りしただけですぐに乗りこなせてました。
時間にして30秒くらい(笑)
人によって向き、不向きがあるのかも。とはいえ練習すれば必ず乗れるようになる!と俺は信じてます!

ミニセグウェイの乗り方が不安だって人には、俺としてはセンサーが改良されてバランスが取りやすくなったキントーンをぜひおすすめしたい。

キントーンの乗り心地を口コミからチェック


乗れるようになったら本当に楽しいし、ちょっと有名人気取りしながら公園とか走れるから、特に目立ちたがり屋の人にはおすすめ(笑)

もっと安定感が欲しい!って人だったらタイヤが大きめのキントーンオフロードモデルを選ぶのも良いかも。

キントーンオフロードモデルの詳細はコチラ


ミニセグウェイの乗り方がどんなもんか試してみたいって人は、試乗会とかラウワンとかに足を運んで試乗してから購入するのもいいと思います!